The Reason for Being a World Nichiren-Shu

Many Japanese and American think that Nichiren-Shu is a Japanese religion for the Japanese. That thinking, however, is old and narrow. Nichiren-Shu is a world religion that equals Christianity. That is because the Nichiren-Shu is a religion that worships the Lotus Sutra. In Japan, there are many religions that worship that Lotus Sutra, but for the religion that firmly inherits that spirit of St. Nichiren and with the founder of Buddhism, Shakyamuni Buddha, as its main object of worship, there is only Nichiren-Shu. In the first place, the grave of St. Nichiren is in the main temple of Nichiren-Shu.

 

Today there are 11 priests, who are not of Japanese nationality, who are propagating throughout the world. The Nichiren-Shu is steadily spreading over the world.

 

The reason that the Nichiren-Shu is a world religion can be found in the Truth of the Lotus Sutra. The two great themes of the Lotus Sutra are equal great wisdom and enlightened from the remote past.

 

The first theme, equal great wisdom, is the teaching that we, humankind, are brothers and sisters. Enlightened from the remote past is the teaching that we are living eternal life. These two are the main themes of the Lotus Sutra.

 

Shakyamuni Buddha is saying that the people living in the entire universe are his sons and daughters. The people of the world are the children of Shakyamuni Buddha. The sutra, which is telling us such a teaching, is only the Lotus Sutra. In the presence of the Truth of the Lotus Sutra such matters of being a foreigner and cultural differences are completely irrelevant.

 

All humankind is receiving the life of the same precious value from Shakyamuni Buddha. In the fundamental essence of a human being there stands the teaching of Nichiren-Shu. Such things as language, culture, nationality, ability wealth or poverty, social status are secondary matters. The Nichiren-Shu is a religion that worships the life that resides within these. A former prime minister of Japan, Mr. Fukuda, had said that the value of human life is greater that an entire earth. Any human being is living that precious life of the same value. We are a religion that worships the life of people. That is why the Nichiren-Shu is a world religion.

 

Moreover, in the Namu Myoho Renge Kyo, which we of the Nichiren-Shu chant, there is the magnificent spirit of human life.

 

Namu is to have faith in, to entrust. It is to rely on and to leave all in the hands of the Buddha. Myoho is the wondrousness of being sustained and the miraculous power that is giving us life. Human beings cannot create a single flower petal. Human beings cannot create life. Life is given to us by Eternal Shakyamuni Buddha, the fundamental entity of the universe. To be alive is the gift of Eternal Buddha. That we are alive is to be under the category of Eternal Buddha. These are matters that we cannot speculate about with our intelligence. That is why the fact that we are living is miraculous. Namu Myoho is to rely in the miraculous power, which is giving us life, at this very instant, and to entrust ourselves to that power. It is to entrust ourselves to Eternal Buddha. It is to be grateful to the wondrousness of being sustained at this moment.

 

Renge means bodhisattva. It is to have the life, which we have received from Shakyamuni Buddha, who is the fundamental entity of the universe, work for the sake of others and society. The lotus, within the muddy pond, blooms with a white flower and beautifully. This world is dirty with the selfish desire of human beings.   Nevertheless, we are not contaminated by that dirt and we live as a lotus flower for this world. Renge is the spirit to live as a savior for society.

 

Kyo means the vertical longitude line of a map. When a string is hung with a weight from a pole, both the weight and the string are faced downward. They are faced downward no matter where we go in the world. Kyo is expressing the unchanging Truth.

 

We offer our gratitude to the wondrousness of receiving life that is sustaining us, and we strive to live for the sake of society and others. That is the truth of human life and Namu Myoho Renge Kyo.

 

From the meaning of the sacred title we also can understand why the Nichiren-Shu should be a world religion

 

世界の日蓮宗である理由

 

多くの日本人は、日蓮宗は日本人の為の日本の宗教だと思っています。

しかしその考えは古く狭いものです。

日蓮宗は、キリスト教と並ぶ世界の宗教であるのです。

なぜなら、日蓮宗は法華経を信仰する宗教だからです。

日本には、多くの法華経を信仰する宗教はありますが、仏教の創始者、釈迦牟尼仏を本尊として、しっかりと日蓮聖人の精神を受け継ぐ宗教は日蓮宗しかありません。

第一に日蓮聖人のお墓が日蓮宗のメインテンプルにあります。

 

今日蓮宗では、11名の日本国籍のない僧侶が世界で布教をしています。

日蓮宗は世界中に広がっているのです。

 

日蓮宗が世界の宗教である理由は、法華経の真理に見つけられます。

法華経の2大メインテーマは平等大慧と久遠実成です。

 

最初のテーマ、平等大慧は、我々人類みな兄弟姉妹であるという教えです。

久遠実成は、私たちは永遠の命を生きているという教え。

この2つが法華経のメインテーマです。

 

釈迦牟尼仏は、全宇宙に生きる人々は自分の息子であり娘であると言っています。

世界中の人々は釈迦牟尼仏の子供なのです。

このようなことを言っている経典は法華経の他にありません。

外国人、文化の違いなどは法華経の真理の前には全く関係のないことです。

 

人類みな同じ大切な価値の命を釈迦牟尼仏から頂いているということ。

人間の根本的な本質に、日蓮宗の教えは立脚しているのです。

言語、文化、国籍、能力、貧富、社会的地位、そのようなものは人間の第二義的なものであり、日蓮宗はそれらの奥にある命の存在を信仰する宗教です。

日本の福田前首相は、人間の命は地球一つより重たいと言われた。

どんな人間もその同じ尊い命を生きています。

人の命をワーシップする宗教、だから日蓮宗は世界の宗教なのです。

 

そして日蓮宗の私たちの唱える南無妙法蓮華経には、人間の命の尊厳のスピリットがあります。

 

南無とは、帰依する。お任せする。信頼して自分を委ねる。

妙法とは、生かされている不思議。命を頂いている不思議な力。

人間は、花びら一つ作ることが出来ません。人間は命を作ることができない。

命は宇宙の根本主体である永遠の仏から与えられるものなのです。

生きていることは、永遠の仏さまの恵みです。私たちが生きていることは仏の範疇にあることなのです。それは私たちの頭では思索できないものなのです。だから生きているいということは、不思議なのです。

南無妙法は、今一瞬、私を生かす不思議な力信頼して、その力に自分を任せることです。神に自分をお任せするということ。いま生かされている不思議に感謝すること。

蓮華とは、菩薩を意味します。宇宙の根本主体の釈迦牟尼仏から頂いているこの命を、他人の為、社会の為に働かせて頂くということ。

蓮華は汚れた泥の中に白く美しく咲きます。

この世の中は人間の我欲で汚れています。でもその汚れに汚れることなく、この世の中を蓮華として生きる。

社会の救済者として生きる精神が蓮華です。

 

そして経は、地図の経線の縦糸を意味します。棒に糸と重りを付けてぶら下げると、重りと糸は下を向きます。世界中どこに行っても下を向きます。

経は変わらぬ真理を表している。

 

生かされている命を頂く不思議に感謝して、社会のため、人の為に生きようとすること。それが人生の真理であり、南無妙法蓮華経です。

 

この聖なるタイトルの意味からも日蓮宗が世界の宗教でありゆる所以が理解出来ます。