Truth Goodness Beauty (真 善 美)

 

The words truth, goodness and beauty are the mind of the Eternal Buddha Shakyamuni. We may even call them the will of the Eternal Buddha. In the first place, the Eternal Buddha is the fundamental entity of the universe and Namu Myoho Renge Kyo. That is why the will of Namu Myoho Renge Kyo is also truth, goodness and beauty.

 

Namu Myoho Renge Kyo is an honorific title for the original source of the energy and spirit that gives life to all things in the universe. And through the power of Namu Myoho Renge Kyo, we are born and being sustained, and that is why truth, goodness and beauty are also being given to our minds. The mind of truth, goodness and beauty is indeed what we call Buddha nature. It is the pure feeling that comes to us when our conscience appears in daily life. Moreover, we must understand that our mind of truth, goodness and beauty is truly the mind that is directly in contact with the Eternal Buddha and Namu Myoho Renge Kyo.

 

What kind of mind is the mind of Namu Myoho Renge Kyo and truth, goodness and beauty?

 

Truth is trueheartedness. Trueheartedness means the genuine state of things. There is not the slightest falsehood or showiness and it is purity as it is. Beauty is a state of whole harmonization. It describes a mind that works for harmony and unity. While there are people who interpret goodness as being the opposite of evil, the true meaning of goodness is the manifestation of absolute love. The mind of absolute love is goodness. What kind of mind is absolute love? It is without bitterness or hatred and feelings of like or dislike. It is a feeling of complete purity.

 

Therefore if we can feel within our mind a feeling of love for a certain person or a certain happening but we cannot bring ourself to feel for love for another person or another happening, our mind cannot be called a mind of goodness. We feel love for our possessions but we do not feel love for what does not concern us. This kind of mind is called a mind of a partial love. This is not an absolute love but it is a relative love that is worthless. Fukyo Bosatsu of the Lotus Sutra is a person who practiced absolute love.

 

In order to live a life of great value as a follower of Nichiren Buddhism, we must always, to the best of our ability and at all times, strive to live our daily lives with the mind of truth, goodness and beauty. Moreover, to really achieve that goal we practice chanting the Odaimoku many times in daily life and we make time to see our own self by quietly meditating.

 

 

真、善、美という言葉は、久遠の本仏の心である。本仏の意志といってもいい。

そもそも永遠の本仏とは、宇宙の根本主体、南無妙法蓮華経である。

だから南無妙法蓮華経の意志も、真善美ということになる。

 

南無妙法蓮華経とは万物に生命を与える気、エネルギーの発生の源に対する尊称である。

そして我々は、南無妙法蓮華経の力によって生まれ、生かされているから、我々の心の中にも真善美というものが分け与えられている。

この真、善、美の心こそ仏性と呼ばれるものであり、日常生活で私たちの良心が現れるときに、発動するピュアな感情のことである。

そして私たちの真善美の心こそ、久遠の仏、南無妙法蓮華経に直接相通じる心であるということを理解しなくてはならない。

 

さて南無妙法蓮華経の心、真善美とはどのような心であろうか。

 

真とは、いわゆる誠のことである。誠とは、ありのままの姿という意味。なんの偽りもない虚飾もない、そのままの純粋性のことである。

美とは、大調和の状態をいう。調和、和合を働きかける心をいう。

善とは、悪の反対と解釈している人もいるが、善の本当の意義は、絶対愛の発現である。絶対愛の心が善である。

それでは絶対愛とはどのような心かというと、恨みや憎しみ、好き嫌いの感情が何も無い。純真無垢の感情を言う。

だからもし、私たちの心に、ある人、ある事だけには愛の気持ちを感じることができるけれども、ある人、ある事にはどうしても愛の気持ちを感じないというのは、善の心とはいえない。自分の所有物には愛を感じるが、自分に関係ないものには愛を感じないという心を偏った愛の心と言う。それは絶対愛でなく、相対愛という価値のないものである。法華経の不軽菩薩は、絶対愛を行じた人であった。

 

仏教徒として価値高い人生を生きようとするには、常にできる限りどんな場合も、この真善美の心で日常を生きる事に努力をしないといけない。

そしてその目的を現実に達成するには、日々多くお題目を唱えることを実践し、また静かにメディテーションをして自分自身を見つめる時間を取ることである。