Why should we meditate?

Why should we meditate?

 

We can broadly classify human emotions as being two kinds. One is a good feeling. One is a bad feeling. Human emotions are divided as pleasant and unpleasant.

We are classifying our daily happenings as being pleasant or unpleasant. A happening that is pleasant for us is a good happening. A happening that is unpleasant for us is a bad happening. In other words, we are comparing the happening with our past memory and judging and experiencing the happening as good or bad. That is the nature of our mind. The goal of Buddhism is to unify that mind. Another goal is to improve human unhappiness. That is because unless the mind is unified, we are always tossed about by external happenings and influenced by them. And there is no end to our suffering.

What then must we do?

It is to set ourselves apart from our feelings. By so doing we will be released from our mental suffering. The method to do so is meditation based on breathing methods.

 

Why is breathing important to set ourselves apart from our feelings?

 

Do you feel that you are alive? Are you aware that you are now living? Many people are living by not taking notice of the fact that they are living and being grateful that they are alive. Well then, what is the act of being alive? The act of being alive is breathing. Breathing is life and it is to live. When human beings are born as a baby, they are born with taking a breath. And when they die, they exhale and die. From the time they are born until they die, they continue to breathe. To take notice of that breath, to become mindful is to experience life and to become aware of the reality of life. By taking notice of breath, which is the reality of life, we can distance ourselves from greed and suffering. We can set ourselves apart from suffering. In particular, through concentration by inhaling and exhaling, we cease our feelings of good and bad, and experience a freedom from discriminative thinking. When our concentration and observation toward our breath advances, we can be freed of our suffering and experience the joy of freedom from discriminative thinking.

To cease the movement of our mind and to stop our thought is called Zen. The condition of the freedom from discriminative thinking from the cessation of the mind’s movement and the pleasure of the freedom from discriminative thinking is called Jo or concentration of the mind on a single object (Sammai).   The state of Jo or Sammai summon a state of mental unification. What works for the goal of the mind’s unification and release from suffering is Buddhism.

 

人間の感情は、大きく分けて二つある。

一つは気持ちが良い。一つは気持ちが悪い。

人間の感情は、快不快に分けられる。

 

私たちは、日々の出来事を、気持ちがよいか、わるいかで分別している。

自分の気持ちの良い出来事は、良い出来事。

自分の気持ちのわるい出来事は、わるい出来事。というように、起こった出来事と自分の過去の記憶を照らし合せて、出来事を良いかわるいでジャッジして感じている。

それが自分の心というもの。

仏教は、その心を統一することを目的とする。

そして人間の不幸を改善することも目的である。

なぜなら、心を統一しないと、いつも私たちは自分の外の出来事に翻弄され、影響されます。そして私たちの苦しみに終わりがなくなってしまいます。

ではどうすればいいのでしょう。

それは、良い、わるいと感じる感情から距離をおけばいい。

感情から遠ざかること。

そうすれば、苦悩から解放される。その方法が呼吸法にもとずく瞑想である。

なぜ感情から距離をおくことに、呼吸が大切なのでしょう。

 

みなさんは生きていることを感じていますか?

あなたがいま、生きていることに気づいていますか?

多くの人は、自分が生きていることに気づくこともなく、感謝することもなく生きています。

では、人間が生きているとはどういうことでしょうか?

人間が生きているとは呼吸していることであるのです。

呼吸とは命であり、生きることであるのです。

人間はベビーとしてこの世に生まれた時に、一息吸って生まれます。そして死ぬ時に、一息吐いて死にます。

生まれてから死ぬまで呼吸が続くのです、

その呼吸に気づく、マインドフルになることが、生命の実感であり、生命の実相を感じることなのです。生命の実相である呼吸に気づくことによって、欲望、苦しみから遠ざかることができるのです。苦しみから距離をおくことができるのです。

特に息を吸って、吐くことによる集中によって、気分の良い、わるいの感情が停止して、無心が経験されるのです。呼吸への集中と観察が進むと、苦悩から解放され無心の楽が体験できるのです。

自分の心の動きを止めること。思考を止めることを禅といいます。

心の動きが止まって無心になった状態、無心の楽を定、または三昧と言います。

定、三昧の状態を心が統一した状態と呼ぶのです。心を統一して、苦悩から解放されることを目的とするのが仏教であります。