Dharma Talk for Hanamatsuri By Rev. Yamamura

The other day, I was interviewed by the Hawaii Herald. I expressed my hope to revolutionize Hawaiian Buddhism. It is said that present day Hawaiian Buddhism is declining. I earnestly pondered over the cause for this. And the reason is that Hawaiian Buddhism placed too much emphasis on socializing. To socialize is to meet friends, to share a meal, and while having tea, to speak about experiences and to deepen friendly relations. Of course, socializing is important for the lives of human beings   Yet, socializing can also be done at Zippy’s and Mac Donald’s. The temple is a place to learn. The true role of the temple is to learn the way to live as a human being and it is not the place to socialize. I believe that to make the temple function as a place of learning is important for restoring life to Hawaiian Buddhism.

Today we celebrated the Hanamatsuri for Shakyamuni Buddha. Shakyamuni Buddha taught us: “Those who study little age like cows; their bodies grow in size, but their wisdom does not.” If we think of ourselves as being Buddhists, what Shakyamuni Buddha is telling us is to come to the temple and seriously study Buddhism. Moreover, before His death, Shakyamuni Buddha said that

“The teachings of Buddhism are like the sun and moon that shine above. In the same way that the sun and moon shine on all people, the truth of Buddhism, gives light to all.”

“If it should be the case that I was guiding people or people were dependent on me, it would be terrible if I should die. Nevertheless, I have never held such thoughts as I guided someone or people rely on me. I simply set forth the truth that people should depend on, and the true way of life. That is all that I do. That is why there is no reason to cry and be sad if I should vanish and die. There is nothing in this world that never falls away and continues forever. Everything breaks apart and vanishes. I have taught this truth to you until now. I have simply explained the truth that permeates all things. Therefore, depend on this truth. In this world of change where nothing is constant, you must first depend on yourself (your own self).”

What does it mean to depend on yourself?

What should I do at this moment? What should I think at that time? Under those circumstances, what is my yardstick for my decision? To ask yourselves these questions is the path of a human being and the law, to depend on the order of nature as a human being and the dharma. To rely on yourselves, to depend on the law—this is the teaching of Shakyamuni.

To know what we are, and to build a self that we ourselves can depend on is one of the purposes of Buddhism. For this purpose, practices such as meditation are important, and we must learn the law by following and studying under a teacher. The law must be learned by coming to the temple and studying there.

Translated by Mr. Dean Makinodan

先日、ハワイへラルドのインタビューを受けました。私はハワイの仏教を改革したいと言いました。

現在のハワイの仏教は衰退していると言われます。私は真剣にその原因を考えました。そして答えが出たのです。それは、ハワイの仏教はソーシャライズに重きを置きすぎた。

ソーシャライズとは、友達に会い、食事をしたり、お茶を飲みながら、経験を語り、楽しむ、そして友達同士の親交を深めること。

もちろんソーシャライズは人間が生きていく上で大切です。

しかしソーシャライズはジッピーズやマックでもできます。お寺は学びの場です。

本当のお寺の役割は、人間として生きる道を学ぶ場所で、ソーシャライズする場所ではないのです。お寺を学びの場所として機能させることがハワイの仏教が命を吹き返すために必要かと思います。

今日は、釈迦牟尼仏のために花祭りのお祝いをしました。

その釈迦牟尼仏はこう言っています。

「学ぶこと少ないものは牛のように老いる、かれの肉は増えるが知恵は増えない」

釈迦牟尼仏は、自分が仏教徒と思うのであるならば、お寺に来て真剣に勉強しなくてはならない。と言っているのです。

また釈迦牟尼仏はお亡くなりなる前にこう言われました。

仏教の教えというものは、上に輝く日月のようなものである。

太陽や月があらゆる人を照らすように、仏教の真理は、あらゆる人を照らす。

もしも私が人を導くのであるとか、あるいは人が私に頼っていると思うならば、私が死ぬということは大変なことであろう。しかしわたしは、自分が人を導くなんて思ったこともないまた人が自分を頼りにしているなどとも思わなかった。

自分はただ人々の依るべき真理、真の生き方というものを明らかにした。それだけなのだ。

だから何も自分が消えて亡くなったからといって嘆き悲しむことはない

この世のもので、いつまでも壊れないで、存続し続けるものは何もない

いつかは壊れ、消え失せるものである

その道理をあなたたちに今まで説いてきたのだ。

ただ私はそこにある一貫とした真理というもの、それを説き明かしてきた。

だからそれに頼れ。

この変転、常ということはない世の中では、まず自分(自分自身)に頼るべきである。では自分に頼るということはどういうことか。

自分はこの場合にどうすべきかということ、その場合、その場合に考えること。

その場合、何を判断決定の基準にするのか

それは「人間としての道」「法」

人間の理法、ダルマに頼ること

「自己に頼れ、法に頼れ」

これが釈尊の教えであります。

自分とはなんであることを知ること。そして自分自身が頼りえる自己を確立することが仏教の目的の一つである。

それには、瞑想などの行が必要であり、また法は師について学ばなくてはならない。法はお寺に来て学ばなくてはならないということです。