Namu Myoho Renge Kyo by Rev. Yamamura

    We all chant Namu Myoho Renge Kyo. And we all know that the basic meaning of Odaimoku is, “I devote myself to the Lotus Sutra.” However, odaimoku also has another important meaning.

     In a letter to Abutsubo, St. Nichiren said that the body is composed of the five elements of the universe, including earth, water, fire, wind, and space. These five elements are also the five characters of the Myo, Ho, Ren, Ge and Kyo.

     St. Nichiren is teaching us that the body, which is composed of the five universal elements and the environment the five universal elements are essentially the same. For example, the body is obviously composed of the water element. But it is also composed of minerals and vitamins and protein. These are equal to the earth or soil element. My body has a temperature; this is the element of fire. When I inhale and exhale, this is the element of wind. And finally, the five senses that we all have, this is considered the element of space or air.

       However, because the Namu Myoho Renge Kyo is also related to the five elements of the Universe, when we chant Namu Myoho Renge Kyo, the five elements of our body are activated by the five elements of the Universe. And when our bodies make this connection to the five elements of Universe, we can gain health, good fortune and happiness. Therefore the practitioner of Namu Myoho Renge Kyo is always youthful and healthy.

       As you know we can’t live without the Universal five elements – earth, water, fire, wind, and space (or air). These five elements are necessary for us to remain alive. That is why we should express our gratitude to the universe when we chant Namu Myoho Renge Kyo. It is also important to remember that a thankful heart will attract even more good fortune.

 

お題目

普段唱えているお題目には、私のすべてを妙法蓮華経の教えに投げ入れます。お任せしますという意味があります。しかし本来の意味は、妙法蓮華経とは地水火風空を表しているのです。

妙法蓮華経こそ宇宙の本体であるのです。

日蓮聖人の阿佛坊御書には、我々の身体は、宇宙の地水火風空の五大であり、その五大は、妙法蓮華経の五字でもあるとあります。ということは我々の身体も宇宙の五大で作られています。つまり、我々自身がそのまま妙法蓮華経であると解釈出来ます。

この宇宙の五大、地水火風空を我々の肉体に置き換えますと、我々の身体はミネラル、プロテイン、ビタミン等で作られています。これらは地に値します。また我々の身体の60〜65パーセントは水です。そして我々には体温があります。これは火に値し、呼吸器官は風に値します。また五感に代表される感情を空に置き換えることが出来ます。我々本体は地水火風空で構成されている事が納得出来るでしょう。

この事実を考えると、お題目を唱える事により、身体の構成要素である地水火風空が活性化されて、唱えた人自身が健康な身体に恵まれると考察出来ます。

またお題目を唱える人は、突然の災難からも不思議と守られます。

これは、南無妙法蓮華経と口にする事でこの宇宙の五大に感謝することが出来るという理由からでしょう。我々は水や光なしでは生きる事が出来ません。この地水火風空の五大に生かされているのが私たちです。この五大に、また宇宙に感謝することがお題目を唱えることです。波動の科学では、感謝の波動がまた感謝出来る出来事を引き寄せると教えています。不慮の災難から守られることも、知らず知らずにお題目を唱える事によって感謝の波動を放出している事により、危険な状態が波動的に回避されると考察出来ます。