Mind of Rita (benefiting others)

St. Nichiren was attacked by Lord Tojo of Chiba and his vassals in a placed in Chiba prefecture called Komatsubara. The Saint suffered a wound on his head and two of his disciples were killed. This was a great persecution before the execution at Tatsunokuchi.

It is said that the reason for this persecution was that Lord Hojo, the manor lord, was a Pure Land faith’s follower. It also seems that a power struggle between the manor lord and a strong supporter of St. Nichiren was a related caused. For an innocent priest to be suddenly attacked was a serious and unimaginable incident.

Of course, unlike the present, the faith of the samurai was strong, and St. Nichiren criticized the Pure Land faith.

This angered the manor lord. The samurai of those days did many bad things such a killing people. That faith taught that no matter what evil we may do, if we only believe in the Amida Buddha, we can go to heaven. St. Nichiren criticized those samurai.

St. Nichiren claimed that a person cannot be saved without the Lotus Sutra. That is because the teaching of Ichinen sanzen (three thousand realms are contained in one thought) is only taught in the Lotus Sutra, and without Ichinen sanzen a person cannot become the Buddha.  It is to allow the divinity in the depths of the human mind to bloom.

Human beings are common mortals that lack the capacity to be the Buddha. That is why the teaching of easily going to heaven by depending on Amida Buddha is a denial of the sacred value of a human being.

However, if the followers of the Pure land Faith study the Lotus Sutra and practice it, they can someday enter the path of liberation. I believe that this is what St. Nichiren wished to say. If you are a follower of Buddhism, have faith in Shakyamuni Buddha and study and practice the Lotus Sutra. This alone is the point.

Hell exists. It is a place after death where people of base ideas gather. There is always conflict in hell. It is a place were people take from one another. Those with feelings of inferiority, who think of themselves as worthless common mortals, gather there after death.

While this may sound harsh, the cause for the unusual climate and the repeated natural calamities of Japan is our mistaken faith. To our good fortune we are Nichiren Buddhists. We are walking not the path to hell but the path to liberation. If we study the Lotus Sutra and earnestly recite the Odaimoku, we can become the Buddha.

If we recite the Odaimoku the divinity of a human being gradually appears in our mind and body. And we must someday leave the cycle of rebirth.

St. Nichiren prophesized, that if his compassion is immense, Namu Myoho Renge Kyo will be disseminated for ten thousand years. There is no priest in history that left such a prophecy. And that prophesy is becoming a reality. What did St. Nichiren make such a prophesy? With the teaching of the Lotus Sutra as his basis, he truly staked his life to save we human beings.

That is why the universe could not abandon St. Nichiren. He was saved even when suddenly attacked by several hundred warriors and his execution at Tatsunokuchi was stopped. Even from the historical facts, we know that the words and actions of St. Nichiren were being protected by the universe. That was because the way of life of St. Nichiren was in keeping with the Universal Truth. If this Myohoji too is a sacred place that saves the troubled people of Hawaii, the universe will never abandon Myohoji. The same is true for me and also for your daily actions. If you live with the mind of rita (benefiting others) the universe will support you.

By Rev. Takamasa Yamamura. Translated by Mr. Dean Makinodan.

 

小松原法難

 

日蓮聖人は、千葉県の小松原というところで、

千葉の領主の東條氏とその家来達から襲撃されます。

日蓮聖人自身も頭に傷を負い、弟子2人が犠牲になりました。

龍ノ口の死刑前の大きな法難です。

この法難の理由は、領主の東條氏が浄土宗の信者であったということが言われます。また領主と日蓮聖人の強いサポーターであった人との権力争いも原因に関係しているようです。無実の1僧侶が、突然に襲撃されることは、非常事態でもあり、不可解な事件であるのです。

もちろん、今とは違い侍の信仰は、強いものでした。その浄土信仰を日蓮聖人は、批判したのです。

この浄土信仰への批判に、領主は激怒したのです。

それはどんなに悪いことをしても、阿弥陀仏を信じさえすれば、天国に行けるという教え。日蓮聖人は、そんな侍達を批判したのです。

日蓮聖人は、法華経でないと人は成仏出来ないと主張されました。なぜなら一念三千の教えは、法華経にしか説かれていないし、一念三千なくして、人は仏にはなれないのです。

仏になるとは、神と一体になることです。人間の心の底にある神性を開花させることです。

人間は、仏になる資格のない凡夫だから、阿弥陀仏にすがって楽に天国に行こうという教えは、人間の神聖の価値否定であります。

ただ浄土教の信徒も法華経を学び、行ずれば、いつか解脱の道に入ることが出来る。それを日蓮聖人の言いたかったことかと思います。

あなだがもし仏教徒であるなら、釈迦牟尼仏を信仰して、法華経を学び行じなさい。それだけです。

地獄は、存在します。死んでから低い想念の人が集まる場所です。そこではいつも争いがあり、奪い合いがある場所です。自分はたいしたことない凡夫だからと自己劣等感があるような人が死んでから集まります。

厳しいことですが、世界の気候異常、日本の度重なる天災は、私達の誤った信仰姿勢が原因しています。

私達は、幸運にも日蓮仏教徒です。解脱の道を歩んでいます。

法華経を学び、お題目をしっかりと唱えれば、私達は、仏になれます。神に近づくことが出来るのです。解脱とは、神になっていくことです。神とは、皆さんも知っているように、全知全能の完全な積極な状態であり、人間もいつかは神に還っていかなくてはならないのです。

どうすれば良いか、日蓮聖人はお題目を唱えなさいと言われます。お題目を唱えて行けば、人間の神聖が少しずつ私達の心身に現れてくるということです。

そしていつか輪廻の輪から抜けていかないといけません。

日蓮が慈悲広大であれば、南無妙法蓮華経は万年も流布するであろうと、日蓮聖人は予言しています。

こんな予言を残した僧侶は、歴史的に存在しません。そしてその予言は、現実になっています。

なぜそこまで日蓮聖人が言えたのかは、法華経の教えが根拠であり、彼が本気に私達人間を救う為に命を懸けたからです。

だからそんな日蓮聖人を天は捨てることはありませんでした。突然、数百人にアタックされても救われていますし、龍ノ口では死刑が中止になっている。歴史的な事実から見ても、日蓮聖人の言動は、天地に守られているのです。

それは日蓮聖人の生き方が宇宙の真理に適っているからです。

ここ妙法寺も、ハワイの困った人が救われる道場であるならば、絶対に天地は妙法寺を見捨てることはありません。

私も同様、あなた方の日々の行動も同じです。あなたがら利他の心で生きていけは、天地はあなたをサポートしてくれるということです。