The Lecture at the Yokosuka Community Center

The writings of the Venerable Rev. Nittatsu Fujii:

“Religion is a problem within an individual’s mind. The people of today are thinking that it is all right to believe in and think about anything. That is not right. It would good if what they believe in their mind and think about remained quietly within the individual’s mind. However, the mistaken thoughts within the mind appear as social problems. So, what must we do to save the sufferings of this world? We must first restore the people’s minds. There is no other way. And what must we do so that human beings will be raised with true peace? There is only religion that can save the mind of people. Since religion was created from the search for what is eternally indestructible, it will eternally never die. Religion is not the exclusive possession of a single person, but it is shared by all people. Religion makes clear good and evil, it stops evil and cultivates good. Where there is no religion, good and evil are not clearly determined, and there is no peaceful life where good are evil are not clear. Accordingly, in human life we must first seek religious faith.”

Religionists must firmly propagate the truth and help to restore the people’s minds. If that is the case, what is true religion? What is truth?   Truth is found within the teachings of the Lotus Sutra. The center of the teachings of the Lotus Sutra is to carefully worship the life of a person. And it is to respect human diversity. This is indeed true religion and the truth.

Moreover, peace and religion cannot be separated no matter how we may try to do so.

Human beings have a common wish. All people seek happiness and wish to avoid pain. This is the fundamental wish of living beings. This is the basis of a human being and a human being’s primary condition. The secondary condition is “my country,” “my religion,” “my culture,” “my language” and so forth. These are called diversity. Peace is found in respecting diversity and transcending it. Mutual respect and mutual understanding is indeed the way to peace. Hawaii is a place where respect for diversity is generally being rooted.   That is because Hawaii is a multi-ethnic island. In Hawaii there is the Aloha spirit. The word “Aloha” means the “dignity of human life.” “Alo” means “what has come before,” the “predecessor,” and “ha” means “life” and “breath.” That is why “Aloha” is a word of faith and love, and a word that manifests the spirit of the Lotus Sutra.

What is most necessary and vital in the 21st century? It is the mind of altruism (mind of benefiting others), which is the mind of compassion. The mind of compassion does not appear unless we strive to make it appear. Of course, the mind of compassion in born with us and it is deep within us, and there are people who have acquired the mind of compassion through their parents’ education. However, human beings are basically selfish. And as long as we have a physical body and instincts, we strive to protect ourselves. We cannot help but think that it is enough that things are okay for ourselves. We make effort to restrain our selfish feelings even in a small way, and reflect on ourselves that those feelings are wrong. By so doing, within our mind an opening is created. That space becomes the mind of altruism (mind of benefiting others) and the mind of compassion. We must create the space of altruism within our mind. To first always have the wish for the best for others is the secret to make a peaceful world and for ourselves to live happily and with ease. When we push out the water with our hand, while in the bathtub, the water moves back toward us. This is universal truth that what we have done to another is sure to return to us. We should first allow another to go ahead of us. We should do deed of kindness. By thinking of the happiness of others we become happy. For us to live happily, we wish that the people before us and other people become happy, and do things that bring them joy. This is the bodhisattva practice. The Japanese corporations that are growing are making altruism as their corporate idea.

You might think that such things are only a kind of whitewash. Nevertheless, the law of cause and condition, and karma definitely exists. The seeds that we have planted will be harvested by ourselves. Such basic understandings must be our life’s guide for we who live in the 21st century.

To help one another is Buddhism. The altruistic feeling that hopes for the happiness of the living and those who have gone to the other world—this feeling guides us further to happiness.

By Rev. Yamamura Translated by Mr. Dean Makinodan.

 

山村師横須賀市民会館講演要約

藤井日達猊下のおことば

「宗教というものは、個人の心の中の問題である。何を信じても、どう考えてもさしつかえないように今の時代、人は考えている。それがいけない。

心に信じ、心に考えること、それがそのままじっと個人の心の中におさまっておればよいけれど、その心に考えたことの誤りが社会問題になって現れてきます。

そこでこの世の中の苦しみを救うにはどうしたらよいのか。

まず人の心の立て直しをする。それよりほかにない。

そして人間を本当に平和に育てるためにはどうすればよいか。

宗教よりほかに人の心を救うものはありません。

宗教は永遠に滅びないものを求めてできたものでありますから、永遠に滅びません。宗教は一人の独占するものでなく、万人の共有するものであります。

宗教は、善悪を判然せしめ、悪を止め善を育てます。

宗教なきところには善悪は定まりませぬ。善悪の定まぬところに平和の生活はありませぬ。

そこで人生はまず宗教の信仰を求めねばならないことになります。」

宗教家はしっかりと真理を布教して、人の心の立て直しのお手伝いをさせていただかないといけない。

それでは、本当の宗教とはなにか。真理とはなにか。

その真理とは、法華経の教えの中に見出せる。

法華経の教えの中心は、人の命を大切に礼賛することである。

そして人間のdiversityを尊重することである。

これこそ、本当の宗教であり、真理である。

そして平和と宗教は切っても切り離せない。

人間には共通の願いがある。

それは、人間は誰しも幸福を求め、痛みを避けたいという願い。

これが衆生の根本の願いである。

これが人間の根本であり、人間の第一条件である。

人間の第二条件とは、私の国、私の宗教、私の文化、私の言語、等。

それらはDiversityといわれるもの。

このdiversityを尊重して超えたところに平和がある。

相互尊重、相互理解こそ平和への道

ハワイはおおむねdiversityの尊敬が根付いている場所である。それはハワイは移民の島であるから。

ハワイにはアロハスピリッツがある。

アロハとは人間の命の尊厳を意味する。アロは、前に、前という意味、ハーは命、息の意味であるから。

アロハとは信愛のことばであり、法華経の精神をあらわすことばである。

21世紀に何よりも必要で重要なこととは。

それは利他の心とは、コンパッションの心。

コンパッションの心は、出そうと思わないと出ない。

もちろんコンパッションの心が生まれつき深い方もいるし、両親の教育でコンパッションの心が身についている人もいる。

しかし人間は基本的に利己である。肉体と本能がある以上、わたしたちは自分を守ろうとする。

自分さえ良ければいいと私たちはどうしても思ってしまう。

この人間の利己の気持ちをすこしでも抑えること。これじゃだめだと反省する。

そうすると心の中にスキマができる。それが利他の心になる。コンパッションの心になる。

心に利他のスペースを作ってあげないといけない。

まず他人が良かれという気持ちをいつも持つことがこの世の中を平和にして、自分自身も幸せに生きやすくなる秘訣。

風呂に入って、水を手で押し出すと、水は自分の方にかえってくる。

人様にやったことは、必ず自分に戻るという、宇宙真理。

まずあなたがどうぞ。やってさしあげること。人の幸せを考えることによって自分が幸せになる。

自分が幸せに生きるためには、相手、他人に幸せになって頂いて、他人が喜ぶことをしていくこと。

これが菩薩行ということ。発展している日本の企業は、利他を企業理念にしている。

そんなこと、きれいごとばかりだ。と思われるかもしれない。

しかしこの宇宙には断然と因縁、カルマの法則が存在する。

自分がまいた種は自分でかるということ。こういう基本的なことが、21世紀を生きる私たちの人生指針にならないといけない。

助け合うことが仏教、生きている人もあの世に行った人も幸せになって頂きたいという利他の気持ちが、私たちをさらに幸せに導いてくださいます。