The mission and idea of Honolulu Myohoji

The mission and idea of Honolulu Myohoji is to seek the mental happiness of all people and to contribute to Hawaiian society through Nichiren Buddhism.

The Honolulu Myohoji must be managed with this idea.

Let us think about the purpose of Myohoji’s existence and why you attend the services.

Myohoji exists for the happiness of the people of Hawaii and for Hawaiian society to become even better. That is why we, who are connected with Myohoji, must think seriously about what we can do for Hawaiian society.

In order to do this all of us must live happily and in good health. Those who come to Myohoji must be a model and an ideal for the people who live in Hawaii. We must strive to be mentally and physically happy. If you come to the Sunday service and earnestly read the sutra, you will surely be guided to a happy life. And you will live a happy life and work for the sake of society. That is the ideal figure of those who come to Myohoji. Even those who are retired can do much volunteer work for society. Helping the temple is also an excellent service to society.

Why did the Myohoji loose its members? That was because the significance for its existence was unclear. It was because the members could not understand what the Myohoji was. The Myohoji did not have a clear mission and vision.

Many of the existing members might be thinking that Myohoji is found in honoring one’s ancestors. That, however, is simply one of the Myohoji’s functions. What our ancestors truly want is not that we honor them, but that we create a far better society. Human beings go the Buddha’s world after death. And there they are asked by the Buddha about the extent that they had lived as a bodhisattva for the world.

A bodhisattva is a savior of society and a person who works for society. St. Nichiren is called the Great Bodhisattva Nichiren. That is because the sole desire of St. Nichiren is that all of society becomes happy. If we are followers of Myohoji and followers of Nichiren Buddhism, we must become people who contribute to society. In Nichiren Buddhism service to society and contribution to society is of the greatest importance. We must be actively involved in society.

Since we have selected Nichiren Buddhism, we must live as a bodhisattva. It is to build a far better society. It is to help those in need to the extent of our ability. This is the priority of Nichiren Buddhism.

The sole key for the Honolulu Myohoji to remain in the 21st century is to become an existence that serves the people of Hawaii. I ask that you keep this in mind. I also ask that you think about what you should do as a follower of Myohoji.

By Rev. Takamasa Yamamura.

Translated by Mr. Dean Makinodan.

 

 

ホノルル妙法寺のミッション、理念は、全ての人間の精神的幸福を追求し、日蓮宗仏教を通じてハワイの社会の発展に貢献する。というものです。

 

ホノルル妙法寺は、この理念をもとに運営されなくてはなりません。

 

何の為に妙法寺が存在するのか、みなさんはなぜサービスに参加するのか考えましょう。

 

ハワイの人々の幸せのため。ハワイの社会がより良いものになるために妙法寺は、存在するのです。

だから妙法寺に関わる私達は、真剣にハワイの社会の為に何が出来るか考えないといけません。

 

それには、みなさんがまず幸せに健康で生きなくてはなりません。

妙法寺に来る人々が、ハワイに住む人々の模範、理想的な姿にならないといけません。

精神的にも肉体的にも幸福であるよう努めることです。

日曜サービスに来て真剣に読経すれば、必ず幸福な人生に導かれます。

そして幸せな人生を生き社会の為に働く。

それが妙法寺に来る人々の理想の姿です。

リタイアしている方でも、社会への奉仕は沢山出来ます。

お寺を手伝うことも立派な社会奉仕です。

 

なぜ妙法寺は信徒減少したのでしょうか。

妙法寺の存在意義がはっきりしなかったからです。

メンバーが妙法寺とは何かを理解出来なかったから。

妙法寺には、はっきりとしたミッションもビジョンもありませんでした。

 

多くの既存メンバーは、妙法寺とは先祖崇拝のためにあると思っているようです。

しかし、それは妙法寺の役割の単なる一つでしかありません。

本当に私達の先祖が欲しいことは、崇拝ではなくて、より良い社会を創ることであるのです。

人間は、死ぬと仏さまの世界に行きます。

そこで仏さまに問われることは、あなたがどれだけ菩薩としてこの世を生きたかということです。

 

菩薩とは、社会の救世者であり、社会の為に努力する人をいいます。

日蓮聖人は、日蓮大菩薩と呼ばれています。

なぜなら、日蓮聖人のただ一つの願いは、社会全体が幸福になることです。

私達が、もし妙法寺のフォロワーであり、日蓮仏教徒であるならば、社会に貢献する人間にならないといけません。

日蓮仏教では、社会への奉仕、社会への貢献が何よりも大切になります。

積極的に私達は社会に関わらなくてはならないのです。

 

皆さんが日蓮仏教を選んだなら、菩薩として生きなくてはならないのです。

それは、より良い社会を構築すること。困った人を自分の出来る範囲で助けようとすること。

これが日蓮仏教のプライオリティーになります。

 

 

ホノルル妙法寺を21世紀に残らせる為のただ一つのキーは、ハワイの人々の役に立つ存在になるということ。