The Practice of Buddhists “Six Paramitas” are the way for with peaceful life and happier life.

  1. Charity The practice of Giving

 

I am sure that we know about charity. This includes making a donation. For instance, we can donate money to the temple, or we can give of our time by coming to clean the temple. We might not be able to do these things, but we can certainly give a smile to others, or speak gentle and encouraging words to them. Giving ease and comfort to others are also very important acts of charity.

 

  1. Precepts or Moral Discipline

 

It is to refrain from doing what we think is bad. It is to not do what we are unable to do with a good feeling in our conscience. We must not do things that will cause our conscience to blame ourselves.

 

  1. Perseverance The Practice of Patience

 

Yet perseverance means to be tolerant and accepting.   Perseverance is to control our words and actions with our mind.

 

  1. Making Wholehearted Effort with a Pure Mind The Practice of Effort

 

Let us make effort to do good things.

The practice of effort is to take joyful action and do good deeds.

Let us make effort to do good things. I am proposing that we do the practice of thank you four times a day. It is comparatively easy to say thank you to people. A person who cannot even say thank you needs to reflect on himself. This game is a training for ourselves so that people will say thank you to us at least four times each day. It is necessary to do good things ahead of time so that people will say thank you to us one hundred times a month.

 

 

  1. Mental Peace The Practice of Meditation

 

This is to reflect on our mind. What are we thinking about at the present moment? It is to objectively examine ourselves. Do we have hate for someone? Are we criticizing another? We should learn how we can achieve feelings of calm and peace.

 

  1. Wisdom

 

If we make effort to practice the above five paramitas, we will begin to have an awareness of things. This awareness is wisdom. We will begin to gain an understanding about how to live better in this world, how to act toward others, and how to create a happy life. How can we live our lives so that ourselves and others can live happily? Methods to achieve this will naturally well up from our mind.

 

迷いや苦しみのこの世界から、安らかな幸せに満ちた世界に到る仏教の修行について学びます。それは、この6つの行いです

1、ほどこす。

2、いましめる。

3、しのぶ。

4、つとめる。

5、こころしずかに。

6、あきらかに。

 

1、ほどこす お布施。お寺や教会に無理のない額の寄付をしましょう。それが出来なければお寺や教会を掃除しましょう。また人に笑顔で接し、優しい言葉を投げかけましょう。行動も立派なお布施です。人の気持ちを軽く、明るくする事は大切なお布施なのです。

2、いましめる 悪いと思ったことはしないこと。心が気持ち良く思わないことはしないことです。生き物を殺さない。盗まない。人の悪口を言わない。酒を飲み過ぎない。など自分の心が咎めることはしてはいけないのです。

3、しのぶ 人の不幸は密の味などと言って、悪口ばかり言っている人がいますが、人が悪口を言っていても、自分は決して言わないことです。悪いネガティブな言葉(疲れた、もうだめだ。あの人は、悪い、嫌い。)そのようなことを言ってはいけないのです。言わないだけでも我慢が必要です。自分の言動を心でコントロールすることです。

4、つとめる 良い事をする努力をしましょう。ありがとう一日4回修行を提案します。ありがとうを人に言うことは、比較的に簡単です。ありがとうすら言えない人もいますが、 一日最低4回、人から「ありがとう」を言って頂く修行です。月に100回。ありがとうを人から言って頂く為には、前もっての良い行動が必要です。

 

5、こころしずかに 自分の心を見つめること。自分は、今どんなことを考えているのだろうか。客観的に検査するのです。人を恨んではいないだろうか。人を非難していないだろうか。どうしたら穏やかな気持ちでいられるのだろうか考えるのです。海を散歩するのもいいでしょう。一番良い方法は、朝、東から昇る太陽の前に心から手を合わせることで、必ず心は静かになります。

 

6、あきらかに 上記5つを実践していくと。何か生活の中で気づくことがあるでしょう。この気づきが智慧です。こうすれば他人も喜ぶし、自分も幸せ。日々の生活が気持ち良く過ごせる。人生をどう生きれば、自他ともに幸せに生きる事が出来るのか。その方法が頭の中に自然に湧き上がって来ます。これを智慧と言います。