The Wish for Improvement Is Truly the Way to Happiness (5 Characteristics of Chronically Unhappy People )

The Wish for Improvement Is Truly the Way to Happiness

5 Characteristics of Chronically Unhappy People

  1. They Believe That Human Life Is Difficult

One of the teachings of Great Vehicle Buddhism is that human life becomes exactly as it is envisioned in the mind. Those who think that human life is difficult, and make that thinking their belief, will have a life of many sufferings just as they believed.

If they did the opposite and believed that human life is wonderful, that it is happy and bright, their life will become as they believed. For example, even if we are in bad circumstances at the moment, those who reflect on themselves from the fact that the circumstances are the result of their past karma, and immediately make effort to get out from them, are happy people. On the contrary, unhappy people only complain about their circumstances.

 

2. They Only Point to What Is Wrong in the World

There are mountains of things that are wrong in the world. Unhappy people are overly caught up with them. They do not try to turn their eyes to the many positive things (good things) in the world, and only turn their eyes to the negative things (bad things).

Those who live happily think about what is wrong in the world, but they do not just criticize things, and they think about how things can be improved. They always believe in the possibility for improvement.

 

3. They Overly Worry About the Future

Unhappy people do not think about a happy future that goes well but they always feel uneasy of things going wrong. Human beings are always predicting the future. People who live happily always have a positive future prediction about their wishes and dreams for the future.

Those who live unhappily always have anxiety and fear for the future. A human being is an animal that has anxiety even when not thinking about anything. Human beings are made to instinctively worry. However, when their worry is strong what they have worried about materializes. We must not forget that the mind has the great power to realize what we strongly think about.

It is important that we make preparations so that what we are anxious and concerned about do not materialize. Nevertheless, excessive worry and fear lead people to unhappiness.

 

4. They Only Gossip and Complain

A characteristic of unhappy people is that they always want to cling to the past. The matters that they choose to speak about are only the misfortunes that they have experienced. And when they have finished talking about them, they begin to gossip about others.

People who live happily are absorbed in their tasks and happily look forward to the future. They do not forget to be grateful to what they have at the present moment, and they continue to have dreams for their future possibilities. They do not have time for gossip and complaint.

 

5. They Lack Flexibility for Change in Things and Circumstances

People who live happily can flexibly deal with change in things that happen in human life. Even if a large problem occurs in their lives they are mentally prepared to solve it.

On the other hand, unhappy people are afraid of change in things and they dislike change to their environments. In one sense, it is probably easier to remain in the status quo. However, there is no progress there.

Why are we living? Why must we live?   It is to contribute to the progress and improvement of the entire universe. That is why to not make progress and improve, and to remain in the status quo, is to go against the meaning for our existence. People who do not seek to make progress and improve are naturally drawn toward unhappiness.

To wish for your daily progress and improvement, and to work toward your goal, is a key point to live happily. No matter what your age, to daily seek to learn and make progress is truly the mental attitude for people that live happily.

 

By Rev. Takamasa Yamamura

Translated by Mr. Dean Makinodan

 

向上心こそ幸福の道

 

 

慢性的に不幸せな人に共通する5つの特徴

 

1 人生は辛いものだと信じている

大乗仏教の教えの一つに、人生は、人間の心に描くそのものになる。というものがある。人生は苦しみだ。人生はつらいものだと思ってそれを信念としている人は、その通りにその人の人生は苦しみ多くなるもの。

反対に人生とは、すばらしいものだ、人生とは楽しく、明るいものだと信念すれば、そのようになっていくものである。

たとえ、今自分が悪い状況になっていても、それは、自分が過去に行った業の結果だと反省して、すぐにその状況から抜け出そうと努力する人が、幸せに生きる人。それに対して不幸せな人は、その状況に文句を言うだけ。

 

2 世の中の間違っていることばかりを指摘する

間違っていることはこの世界に山ほどある。不幸せな人たちは、そこにとらわれ過ぎている。彼らはこの世界の多くのポジティブなこと(良いことに)目を向けようとせず、ネガティブなこと(悪いこと)ばかりに目をむけている。

幸せに生きる人は、世の中の間違っていることについて考え、批判するだけでなく、どうしたらそこから改善できるかについて考えている。そしていつも改善の可能性を信じている。

 

3 未来がどうなるか心配しすぎている

不幸せな人は、上手く行く幸せな未来ではなく、上手く行かなかったらどうしようという不安をいつも感じている。

人間は、いつも未来を予測している。幸せに生きる人は、人生がこういう風になって欲しい。こうなったらいいな。というポジティブな未来予想をいつも持っている。

不幸せに生きる人は、いつも未来への不安と恐怖に怯えている。

人間は、何も考えなくても不安に思う動物である。人間は、本能で心配するように出来ている。しかし心配が強いと、その心配した事柄は現実化してしまう。心には、自分が強く思ったことを現実に実現してしまうような大きな力があるということを忘れてはならない。

不安に感じること、心配することが現実にならないように準備しておくことが大切なことは大切。しかし行き過ぎた心配、恐怖心は人を不幸にさせるのである。

 

4 噂話と文句ばかり、言っている

不幸せな人の特徴は過去にいつもすがりたい。彼らが会話に選ぶ事柄は、自分に起きた不幸の話題ばかり。そして、それを語り尽くしてしまったら、今度は人の噂をはじめる。

幸せに生きる人は、自分がやっていることに夢中で、将来を楽しみにしている。今あるものに感謝を忘れず、これからの可能性について夢を抱き続けているのだ。噂や文句を言っている暇はない。

 

5 物事や出来事の変化への柔軟性がない

幸せに生きる人は、人生に生ずる物事の変化に柔軟に対応することができる。人生に大きな問題が起きてきても、その問題を解決する心の準備が出来ている。

反面、不幸せな人は、物事の変化を恐れ、環境の変化を嫌う。現状のままいることは、ある意味、楽であるかもしれない。しかしそこに進展はない。

なぜ私たちは生きているのか。なぜ私たちは生きなくてはならないのか。それは、宇宙全体の進化向上に貢献するためである。だから進歩向上しないで、現況に留まろうということは、我々の存在意義に反するということである。進歩しようと思うことや、向上心のない人は、自然に不幸へ流されていく。

日々自分の進歩向上を願い、目標に向かい行動していくことが幸せに生きるキーポイントなのである。年齢がいくつになろうが、日々学びたい、向上したいと思う心こそ、幸せに生きる人の心構えなのである。