Live as though you will die tomorrow. Learn as though you will live forever.

In his Dharma message in his magazine, Hoju, Rev. Kunugi includes the words of the Mahatma Gandhi, the father of India’s independence.

“Live as though you will die tomorrow. Learn as though you will live forever.”

The life of our physical body is not eternal. No one knows when one will go to that other world. If we live each day with gratitude that it is indeed a blessing and precious to be alive today, each of our days will be enriched. If we might not be alive tomorrow, there are things that we must do today. If we were to die tomorrow, we must earnestly live today so that we will have no regrets. When we live each day by putting our everything into it, a true feeling of worth and a joy of living wells up from within. Gandhi had expressed this as “live as though you will die tomorrow.”

The life of the physical body is not eternal. Nevertheless, our soul continues to live eternally. Therefore even if the physical body ages, the soul does not grow old. Through our way of life, our soul is youthful and radiant. Even if they have grown old, those who work for the sake of others are healthy because their soul is full of energy and shining. To learn for one’s entire life and to apply oneself until one dies is the secret for a long life.

To learn as though we will live forever and to practice as though we will live forever is to live eternal life. There are infinite things to learn and it is never the case we have learned enough. That is why we are living together with the eternal called the infinite.

Gandhi stood against the British with thorough nonviolence and finally guided India to independence. What was it that supported his belief and action?

Gandhi says that there is one thing that those who take the stance of nonviolence must do in common.   That is to say, they must have absolute faith in God. God is indeed our sole fellow traveler and practitioner. No matter what name we call Him by, people must know that they can only work through His power. Those who believe in God can never do such a thing as taking the life of another.

This year is the 150th anniversary of Gandhi’s birth. We must learn from the great holy man, Mahatma Gandhi. We may call God by any name. However, we must have absolute faith in God who sustains our life. This spirit is the root of the spirit of nonviolence. It is to respect other religions and to love others.

We must have absolute faith in God whom we call the Eternal Shakyamuni Buddha. And we must know that we have our work for today through the power of the Eternal Shakyamuni Buddha. The mantra of gratitude to the Eternal Buddha is indeed Namu Myoho Renge Kyo.

 

功刀上人の宝珠の法話をもとに、

 

インドの独立の父 マハトマガンディーの言葉

「明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ」

 

私たちの肉体の命は永遠ではありません。いつあの世に行くか誰も知りません。

今日生きていることは本当にありがたいこと、尊いことだと毎日感謝で生きていくとその人の毎日は充実します。

明日ないかもしれない命なら、今日やっておかなければならないことがある。もし明日死ぬかもしれないのなら、思い残すことがないように今日を懸命に生きなくてはなりません。

1日、1日に命をかけて生きると、人生に本当の生きがい、生きる喜びが湧いてきます。それをガンディーは明日死ぬかのように生きよと言われた。

 

肉体の生命は永遠ではありません。しかし私たちの魂は永遠に生き続けています。だから肉体は年をとっても魂は衰えるわけではありません。

私たちの生き方によって、私たちの魂はわかわかしく輝いてきます。年をとっても人のために働いている人々が元気なのは、魂が生き生きと輝いているからです。

一生、学び続ける。死ぬまで修行することが、長生きする秘訣です。

永遠に生きるかのように学び、永遠に生きるかのように修行することは、永遠の命を生きること。学ぶことは無限であり、これでいいということはありません。だから私たちは、無限という永遠と共に生きているのです。

 

さてイギリスに徹底して非暴力で立ち向かい、ついにインドを独立に導いたガンディーの信念と行動は何よって支えられていたのでしょう。

 

ガンディーは言われます。

非暴力の立場をとる人々に一つ、共通していなければならないことがある。

すなわち、それは神への絶対的な信仰である。神こそは唯一の道づれであり、行為者である。

神をどのような名で呼ぼうとも、人はかれの力によってのみ仕事ができることを知らなければならない。

神を信ずる人は、けっして他の人の生命を奪うようなことはしない。

 

今年はガンディー生誕150周年。偉大なる聖者ガンディーを私たちは学ばなくてはならない。

神をどのような名前で呼んでもよい。しかし私たちの生命を生かす神に絶対的な信仰をもつこと。その精神が非暴力の精神の根を成すのです。それは他の宗教を敬うことであり、他者を愛することであるのです。

 

私たちは永遠の釈迦牟尼仏に絶対的な信仰を持たなくてはいけません。 そして永遠の釈迦牟尼仏の力によって今日のわたしの仕事があることを知らなくてはなりません。永遠の仏への感謝のマントラこそ、南無妙法蓮華経であるのです。