To Become the Master of Life

A human being must be responsible for his life. Moreover, he must be the master of his life.

How can we do this?

We are ordinarily using our mind according to others and things. We become angry when meeting a bad person, and unhappy when there is sadness, and we worry when there is trouble. We think that this is something ordinary. In other words, our mind is in a state of being captured by relative phenomena.   In such a state, we cannot become the master of our life.  Your life is yours and it is not the possession of another. That is why we must become the master of our life.

How can we become the master of life?

To control our mind.

If our mind is not the master but the slave of others and things, the result is that poor health and misfortune arise in our life. A large cause of misfortune and illness is in the imperfection in the control of our feelings.

In the first place, this is a habit that has been developed over a long period of time. That is why it is actually difficult to control our feelings through being a bit attentive. Nevertheless, we have the Odaimoku. We must chant the Odaimoku and control our feelings.

By controlling our feelings I mean to not be angry, to not fear and to not be sad. And it is to engage in the three practices of living with honesty, living with kindheartedness and enjoying human life. A person, who is the master of his life, is a person who controls his feelings and engages in these three practices. And it is a person who daily strives to purify his negative feelings. This practice is indeed the universal truth to live our lives well. The universal truth is the natural working of the Eternal Buddha. Those who adjust themselves to the universal truth naturally prosper and those who go against the universal truth naturally fall to ruin.

By Rev. Takamasa Yamamura. Translated by Mr. Dean Makinodan

人生の主人となるには

 

人間は、自分の人生に責任を持たなくてはなりません。そして自分の人生の主人にならないといけないのです。

それには、どうしたらよいのか。

物にも人にも自分の心をわずらわされないようにすることです。

 

私たちは、普通、自分の心を他人や物のいいように使われています。

悪い人に会えば怒り、悲しいことがあれば悲しみ、心配事があれば心配します。

我々は、これを普通のことかと思っています。

言い換えれば、自分の心が相対的事象に奪われている状態です。

このような状態では、自分の人生の主人になることはできません。

 

自己の人生とは、自分のものであり他人のものでありません。

ですから、私たちは自分の心の主人でなくてはならないのです。

私たちの心が主人でなく、心が物や他人の奴隷になっていれば、

その結果、不健康や不運というものが、人生に起こってくるのです。

不運や病気の大きな原因は、私たちの感情統御の未完成にあるのです。

日々の生活の中で感情の統御が十分注意深く実行されていないことに原因があります。

 

そもそも感情というものは、長い間に習性づけられたものです。ですから、少しの注意では容易にその統御をさせることは実際難しいのです。

しかし私たちには、お題目があります。そのお題目唱えて、感情を統御していかなくてはなりません。

感情の統御とは、怒らないこと。恐れないこと。悲しまないこと。

そして、正直に、親切に、人生を楽しむ。という三行を実践するのです。

人生の主人になる人は、感情を統御して、三行を実行する人です。そして日々、消極感情を浄化することに努めている人です。

この実践こそ、人生をよく生きる宇宙真理であります。

宇宙真理とは永遠の仏の自然作用であるのです。

宇宙真理に順応するものは自ずと栄え、宇宙真理に反く者は、自ずと亡ぶということになります。